スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりのご無沙汰でございますm(__)m

皆様 かなり 二年ぶりの 更新で ございます



お元気で いらっしゃいますか?


皆さまに お知らせです


無料 有料アチュ~メント伝授は 現在 行ってはおりません。


申し訳ありません。


ご了承下さいませ。



今年の暑い夏も 過ぎ 朝 晩 かなり 涼しくなり 秋も深まって来た 今日この頃


金木犀の香りが ただよい 冬を迎える 準備も 自然界は 着々と 進んでおります。


今年も 終盤


世は激動の渦の中


世の激動の渦に 巻き込まれないように


自分の中心軸を ぶらさないように しっかりと大地に足をつけて 下さいませ。


そして ご自身の 心には 正直であって 下さいませ。


この激動の世


恐れないで 乗り切って下さいね。
スポンサーサイト

冬の訪れ

今晩は 木枯らしピューピュー 寒い{{(>_<;)}}夜電気カ~ペットのスイッチオンでぬくぬくしてます


ふぅやっと 冬がそこまでやって来ましたって感じかしらねっ


もう 10月も 終わりを告げる頃だから 寒くなっても おかしくない頃なんですけどねぇ~


みなさん急激の 気温ダウンで 体調を崩さないで下さいねっ


今年ももう10月ですねっ


暑い夏も過ぎ やっと秋らしくなってきた気がしますが まだ日中は ちょっと動けば 汗

 

 

でも 自然界は 私達に ちょっと季節を 知らせてくれます。

 

 

今年も金木犀の花が 咲きはじめましたよ。

 

 

まだ 満開では ありませんが 清々しい秋の風が金木犀の花の香りを 届けてくれます

 

 

あ~いい香り 

 

 

今年も まだ暫く 金木犀の花の香りが 楽しむ事が出来て HAPPY

 

 

 

 

ミカエル・ライト・ネクスト

ミカエル・ライト・ネクスト・アチューンメント画像[1] (2) 

画像の無断転記お断り致します。著作権は マウニーファウンテンさんと花梨さんにあります。
ご理解のほうを宜しくお願いいたします。




この度 マウニーファウンテンさんのオリジナルエネルギー ミカエル・ライト・ネクストを
無料でアチューメント伝授させていただきます。
他者にも伝授することが 出来ます。


必要な方は マイブログサイトの メールフォームから コメントをお願いいたします。
折り返し こちらから マニュアルと画像と認定書を送信させていただきます。


※PCでのやりとりとなります。携帯には対応しておりません。


★ミカエル・ライト・ネクストの無料マニュアルの内容
・人と画像による他者アチューンメント
・エネルギーラインの浄化(自己と他者)
・大天使ミカエルとの繋がりを深める(自己と他者)
・ヒーリング(自己と他者)
・大天使ミカエルへのお願い
(エネルギーマントによるサイキックアタックからの守護)
(エーテルコード、エモーションコードのカット)
・水晶へのエネルギーチャージ



theme : 天使
genre : 心と身体

お月見

月見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
望月

月見(つきみ)とは、満月などを眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。また、形から鶏卵の黄身を満月に例えた料理の名称。後者の用法については本稿後段で論じる。

目次

[非表示]

概要 [編集]

月見は、日本では特に旧暦8月15日旧暦9月13日に月を鑑賞することを指す場合がある。前者の夜または月の状態を「十五夜(じゅうごや)」、後者のを「十三夜(じゅうさんや)」と呼ぶ。

中国や日本では、単に月を愛でる習慣であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる[1]

中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなくなどに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)でを詠み、宴を催した。また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。

十五夜(仲秋) [編集]

月見の飾り

日本には、十五夜の月を鑑賞する習慣は中国から伝わった。旧暦8月グレゴリオ暦新暦)では9月[2])は、北半球では太陽と月の角度が観月に最も良い時節(明るい)である。

中国本土台湾など中華文化圏では中秋節として盛大に祝う。中国本土、台湾ではともに中秋節は祝日となっている。当日は月餅を食べながら月を観る。

日本では月が見える場所などに、(すすき)を飾って月見団子里芋枝豆などを盛り、御酒を供えて月を眺めた(お月見料理)。この時期収穫される里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)とも言う地方もある。また、仏教の寺院では豊作を祈る満月法会を催すところもある。

十五夜の月は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれる[3]。加えて、中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼び、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされる。また、俳諧では葉月十四日十六日のことを特に「待宵(まつよい)」「十六夜(いざよい)」と称して、名月の前後の月を愛でるが、日本の関東以西では、この時期、晴天に恵まれる確率は低い。

朝鮮にも月を愛でる習慣が中国から伝わっている。これを「チュソク(秋夕)」と呼び、ソンピョン(松餅)を作る。韓国ではチュソク前日と翌日が公休日となり、休暇を取り帰省する者も多い[4]

十三夜(晩秋) [編集]

十三夜は、日本独自の風習である。ちょうど食べ頃の大豆などを供えることから、このの月を豆名月(まめめいげつ)または栗名月(くりめいげつ)という。

江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は「片月見」または「片見月」と言って遊女らに嫌われた。二度目の通いを確実に行なうために、十五夜に有力な客を誘う(相手はどうしても十三夜にも来なければならないため)風習があった。

十五夜、十三夜以外の月見 [編集]

更に、地方によっては月待ちという風習があり、十七夜以降を立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)、というのはこの名残である。二十三夜待ちまでを行う地域が多くを占めたが、二十六夜待ちまで行う地域があり、月光に阿弥陀仏観音勢至の三尊が現れる(『広辞苑』より)、という口実を付けて月が昇る(大体、深夜2時頃)まで遊興に耽った。この風習は明治時代に入ると急速に廃れていったようだ。



今年の中秋の名月は 9月22日水曜日
そして その次の日は満月。

今年もやっと 秋らしくなってきましたねっ。

涼しい秋の爽やかな風の流れる夜 外に出て 夜空を見上げ中秋の名月
を楽しんで下さいねっ。

中秋の名月の月光が夏の疲れ切った 心身共々 癒してくれるかもしれませんねっ。

さぁ 今年の中秋の名月は私たちに 何を語りかけてきれりのでしょうか?

プロフィール

華連

Author:華連
ようこそRed Star Angelへ♪
はじめまして華連です。
臼井式日本式レイキと出会ってから スピリチュアルワールドの事を知り 
その後 私の人生がガラリと変わりました。 


色んなエネワ~クを受けた結果、とても素敵なエネワークをする方とのご縁で、私オリジナルエネと繋がる事が、出来ました


そしてやっと本来の自分というものが何なのか、魂の本質は何なのか、自己のオリジナルエネで知る事が出来ました。


本来あるべき自分の姿に目覚めた時、心地好いなつかしい感情、そして愛と豊かさに包まれ、輝きはじめました。


この事は特別な人だとか、選ばれし人だけが、出来るのではなく、誰にでも出来る事なんです。


叡智の女神ネメシスによる愛と喜びの変容と叡智の昼と夜の女神による、破壊と再生ワ~クが みなさんを本来の自分を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月齢&星座

          月の満ち欠けのサイクルをチェックしてみて下さいねっ(^^♪

Healing  Music

Healing Musicで疲れきった心身を 癒して下さいねっ♪

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。